対象年齢以外なら認可外の施設を予約

対象年齢以外なら認可外の施設を予約

NIPTの年齢制限はある?35歳未満で受けたい人はどうするべきか 日本では晩婚化の傾向もあり、出産年齢も高くなっています。
今では30代後半、40代で初めて出産する人も珍しくなくなってきました。
とはいえ、やはり妊婦の年代が高くなると、胎児に異常が発生するリスクも高まるとされています。
それゆえ、出生前診断を希望する人も少なくありません。
検査にも様々な方法がありますが、NIPTは血液検査で、胎児の染色体異常を調べることができる方法として注目されています。
一般的なNIPT検査は、ダウン症の発生リスクが高まる35歳からとされています。
若い世代では、リスクが少ないこと、検査精度がやや落ちるということもあり、年齢制限がありますが、若い世代でもリスクはゼロというわけではありません。
対象の年代以外でもNIPTを利用したい場合は認可外の施設を予約するという方法があります。
学会に未加入の認可外の医療機関では、年代に関係なく検査を受けることができますし、検査条件も特にないことが特徴です。

NIPTが受けられる施設と対象年齢の制限

NIPTが受けられる施設と対象年齢の制限 新型出生前診断ともよばれるNIPTは、社会保険を適用してその枠内で行われる一般的な医療とは異なり、あくまでも妊娠した女性が任意で受けるかどうかを判断するものです。
したがってかぜなどのありふれた病気やけがの場合とは異なり、全国すべての病院やクリニックで取り扱っているわけではありません。
基本的にNIPTが受けられるのは、日本産婦人科医会などの団体が、十分な知識や経験をもつドクターが常時勤務しているなどのいくつかの条件を満たす施設として認定した機関となっています。
これらの病院などであれば事前のカウンセリングなども充実していますので、検査の内容や結果を理解しながら、安心して受けることができます。
ただし学会の指針によって受けられる年齢は出産時に35歳以上といった制限があることに注意しなければなりません。
実は学会に未加入のクリニックなどでもNIPTは可能ですが、その場合はカウンセリングをはじめとする十分な体制が整備されているかを確認してからのほうがよいでしょう。