母体血清マーカ検査との類似点と違い

母体血清マーカ検査との類似点と違い

母体血清マーカ検査との類似点と違い 出生前診断には種類がありNIPTは非確定診断のひとつです。
NIPTは母体の血液をもちいて検査しますが、母体血清マーカー検査も血液をもちいる非確定診断です。
非確定診断とはそれだけでは結果が確定しない検査のことをいい、確定させるには別の検査をおこなう必要があります。
それではこの二つの違いはどこにあるかというと、検査の対象となる赤ちゃんの病気です。
NIPTはダウン症候群やその他の先天性遺伝子疾患、母体血清マーカー検査もダウン症候群や先天性遺伝子疾患が分かりますが神経管閉鎖不全症の確率もわかります。
検査の方法も違いがあり、NIPTは母体の血液中に含まれる赤ちゃんの遺伝子のかけらを分析することで赤ちゃんの染色体の配列などを調べますが、もう一方は赤ちゃんや赤ちゃんと母体をつなぐ胎盤に由来する物質のマーカーを解析し、マーカーの血中濃度と妊娠週数や体重などといったその他の条件と照らし合わせて疾患の確率を算出します。

NIPTは遺伝学的にどのような検査なのか

NIPTは遺伝学的にどのような検査なのか 高齢出産、もしくは過去にダウン症候群などの染色体疾患をもった子供を妊娠した、または出産した女性を対象として行われるのがNIPT検査です。
このNIPT検査は新型出生前診断と言われますが、正式には無侵襲的出生前遺伝学的検査と言い、母親の血液を少し採取し、その中に含まれている胎児のDNAを調べ13番目や18番目、21番目の染色体に異常がないかを調べます。遺伝子学的に調べるためこのような名前となっています。
出生前診断にはNIPT検査の他にも母体血清マーカー検査がありますが、血清マーカー検査よりも精度が大変高く、さらに妊娠10週目からと早期に受けることができる特徴があります。
ただし非確定的検査となるので精度が高いとはいえ100%の結果となるわけではなく、しっかりと調べるには羊水などを採取する確定検査を行わなくてはなりません。
またあらかじめ遺伝カウンセリングを受ける必要があり、結果が出た場合にどのようにしていくのかを話しあってから検査をするようになります。