NIPTを受ける時の年齢についてご紹介

NIPTの年齢制限はある?35歳未満で受けたい人はどうするべきか

NIPTの年齢制限はある?35歳未満で受けたい人はどうするべきか NIPTの検査は一定の条件をクリアしないと利用することはできません。
例えば検査は一般的に年齢に制限があり、35歳以上という条件がつけられています。
はやり高齢出産となると胎児へのリスクも大きくなることもあり、35歳が一定条件となるようです。
ただ、必ずしも35歳以上でなければ検査できないという訳ではありません。
35歳未満という女性がNIPTでの診断を希望する場合、やはり条件をクリアすると検査を受けることが可能です。
条件の1つとなるのが認定施設でのみ検査です。
認定施設の要件は常勤の産婦人科医と小児科医の臨床遺伝専門医が在籍している、遺伝カウンセリングを行うことができる、遺伝外来を設置していることなどが挙げられます。
認定施設を受診する場合、担当医の紹介状が必要だったり、分娩先を変えたりしなければいけないケースもあるようです。
もう1つは遺伝カウンセリングを最低2回受診するというものです。
35歳未満でもNIPTの診断を受けるのは不可能ではないので、まずは担当医に相談してみてはいかがでしょう。

NIPTを受ける場合の対象年齢に制限はあるのか

NIPTを受ける場合の対象年齢に制限はあるのか NIPTの検査は、残念ながら誰でも受けられるものではありません。
日本でNIPTの検査を受ける場合、対象となる年齢は35歳以上と決まっています。
この35歳という年齢は、出産予定日時点です。
また、こうした制限以外にも他に条件が何点か設けられています。
今回の妊娠の際に、超音波検査や母体血清マーカー検査を受け、染色体異常の可能性が示唆された場合も対象となります。
何歳であるか、という問題もNIPTを受ける際にはありますが、こうした染色体の異常が発見されたケースの場合は検査が可能です。
これまでの妊娠や出産の経験において、子どもが染色体異常という結果であった場合や、カップルのどちらかが染色体異常の子どもを持つ可能性が高いとされている染色体を保有している、という場合も、NIPTの検査を実施出来ます。
検査前には、しっかりとカウンセラーが問題をヒアリングしてくれますので、不安や疑問はしっかりとそこで解決しておきましょう。