NIPTを受ける時の年齢についてご紹介

このサイトでは、お腹の中にいる赤ちゃんの診断をするNIPTについての情報をご紹介しています。
この検査を受ける人が多い年齢は何歳ごろなのかということをはじめ、具体的な対象となる人の年や年による制限についても触れています。
また対象となる年でないけれど診断を受けたい、というときには認可外の施設を予約する方法がある情報も掲載しているサイトです。
診断の申し込みをするときの流れはどうなっているのかもご紹介しているサイトです。

NIPTを受ける人が多い年齢

NIPTを受ける人が多い年齢 赤ちゃんが生まれる前に、どのような病気や異常を持っているかを調べることができる診断・NIPTは基本的に誰でも受けることができるというものではありません。
対象となっている年齢が決まっているからで、具体的には出産予定日が35歳になる人がその対象です。
というのも妊婦さんが35歳以上になると13トリソミーや18トリソミー、21トリソミーの染色体異常の胎児を妊娠する可能性が高まるからです。
妊婦の年齢が30代の後半から40代の人の場合、この検査を受けて陽性であることが分かることが多くあります。
このようなことからNIPTを受ける人が多い年齢は、13・18・21トリソミーの胎児を妊娠する可能性が高い年代の人となっています。

高齢出産の人が受けることができるNIPTの年齢は何歳から

高齢出産の人が受けることができるNIPTの年齢は何歳から NIPTと呼ばれている新型出生前診断では、高齢出産の人が受けることができます。
高齢出産というと40代というイメージを持っているという人も多いと思いますが、NIPTを受けることができる年齢は、35歳以上となっています。
NIPTでは、胎児に染色体の異常があるかどうかを調べることができ、特にダウン症の発生率が高くなるといわれている年齢が35歳なのです。
35歳以上となっている理由は、ダウン症の発生率が高くなることが関係していますが、そのほかにも陽性の的中率が高くなることもあります。
妊婦が若い程、陽性の的中率が低く、検査結果と胎児の状態が必ずしも一致しないということがあるのですが、35歳以上になると要請の的中率が上昇し、約80%程度の的中率になるため35歳以上という年齢に制限を設定していると考えることができます。
NIPTの結果が陽性と判別されると、さらに詳しく検査をして胎児の健康状態を確かめたり、出産後の環境を整えたりするステップへと進んでいくため、陽性的中率が低い年代では妊婦のストレスにもつながります。
的中率が低い状態であることを理解してなおNIPTを受けたいという場合には、認可外のクリニックで検査することが可能です。

おすすめのNIPT情報サイト

NIPT 名古屋